【アスリートの平均身長】スポーツに身長は関係ある?~ラグビー選手編~

肉体と肉体がぶつかり合うラグビーでは、身体の大きさが一つの武器となります。ラグビーのアスリート界では、どのような体格の選手が活躍しているのでしょうか。

日本のトップアスリートとして活躍する選手たちの平均身長をまとめてみました。

サトミ
今回はラグビー選手編です。この記事では男女ラグビー日本代表の平均身長と体重、そして世界の強豪ニュージーランド代表の数値をまとめています。

男子ラグビー日本代表選手の平均身長・体重

2015年ワールドカップの快挙以来、ラグビーは注目が集まっているスポーツです。※国内でも五郎丸選手のポーズで話題となりましたよね。

まずはこの翌年以降主力選手となっている、2016年男子ラグビー日本代表の平均身長を見てみましょう。

男子ラグビー日本代表の平均身長:181.9㎝
男子ラグビー日本代表の平均体重:98.9kg

海外出身選手も含まれているので一概には言えませんが、どちらも日本人の平均的な体格よりガッシリとしていることがわかります。

代表チームは宇佐美和彦選手(196cm、フォワード)、小瀧尚弘選手(194cm、フォーワード)など190cm台に乗る選手が終結したチームです。しかし田中史朗選手(167㎝、バックス)など、日本人の平均身長170 cm以下の選手も、わずかながら在籍しています。

ラグビーには攻めてとなるフォワード(FW)と守りとなるバックス(BK)がありますが、ポジション的には背の高さは余り関係していないように見受けられます。

フォワードの方が背の高い選手がやや多い傾向はあるものの、背の高い選手がバックスに配置されているケースもあるため一概には言えません。

女子ラグビー日本代表選手の平均身長・体重

男子ラグビーが注目される一方で、日本では女子ラグビーも精力的に活動しています。次は女子ラグビー日本代表選手団の平均身長です。

女子ラグビー日本代表の平均身長:162.3cm
女子ラグビー日本代表の平均体重:61.8kg

女性プロラグビー選手の平均身長は、直近2016年の日本代表で約162㎝となっています。成人女性の平均身長が約158㎝ですので、女性の場合はアスリートであっても、それほど一般平均と変わらない数値です。特に上記2016年度の選手には170㎝オーバーの選手がいない状況でした。

海外ラグビーの強豪ニュージーランド代表の平均身長

ワールドカップをはじめとする国際大会では、海外の強豪チームとも対戦します。彼らの平均身長を見てみましょう。

毎年不動の強さを誇るニュージーランド代表チームには、気迫みなぎるマオリ族の踊りで有名な、ラグビー世界王者「オールブラックス」のメンバーも多数選抜されています。

ラグビー・ニュージーランド代表の平均身長:187.3cm
ラグビー・ニュージーランド代表の平均体重:102.8kg

バレーやバスケットボールなどに比べると、身長差はあまり無いように感じます。しかし彼らは俊敏な動きと判断力、体幹の強さなど、ガタイの良さだけではない総合力に優れたラガーマン集団なのです。

ラグビー日本代表選手の身長一覧

最後に2016年日本代表選手たちの身長、体重を見てみましょう。

稲垣啓太 :186cm ,116kg
垣永真之介 :180cm ,115kg
畠山健介 :178cm ,115kg
三上正貴 :178cm ,115kg
木津武士 :183cm ,114kg
堀江翔太 :180cm ,104kg
森太志 :175cm ,103kg
宇佐美和彦 :197cm ,111kg
大野均 :192cm ,106kg
小瀧尚弘 :194cm ,110kg
安藤泰洋 :181cm ,96kg
金正奎 :177cm ,93kg
細田佳也 :192cm ,100kg
谷田部洸太郎 :190cm ,107kg
山本浩輝 :187cm ,95kg
堀江恭佑 :184cm ,110kg
内田啓介 :177cm ,85kg
茂野海人 :170cm ,75kg
田中史朗 :166cm ,71kg
小野晃征 :171cm ,83kg
笹倉康誉 :186cm ,92kg
中村亮土 :178cm ,92kg
野口竜司 :177cm ,80kg
立川理道 :180cm ,95kg
田村優 :181cm ,92kg
児玉健太郎 :183cm ,85kg
松島幸太朗 :175cm ,88kg
松田力也 :180cm ,90kg
ティム・ベネット :185cm ,90kg
ホラニ龍コリニアシ :188cm ,112kg
ツイヘンドリック :189cm ,107kg
アマナキ・レレイ・マフィ :189cm ,112kg
パエアミフィポセチ :178cm ,108kg
マレ・サウ :183cm ,97kg
カーン・ヘスケス :178cm ,98kg

アスリートの平均身長~ラグビー編~まとめ

日本代表とニュージーランド代表を比べた通り、身体の大きさについて言えば、驚くほどの違いとまでは言えません。

女子ラグビーについても平均女性とあまり変わらない程度です。ただし近年の日本ラガーマンはかなり平均身長・体重が大きくなったと言われており、ラグビーで活躍するには最低限の上記のような体格が求められます。

もちろん背が高いに越したことはありませんので、背が伸び悩んでいるお子さんであれば、親御さん側からもサポートしてあげたいところ。

ラグビーに熱心な子どもは、バランスの良い食事をとり、よく眠り、たくさん運動させてあげましょう。

サトミ
食事面で自信がないお母さんは、サプリメントを飲ませてあげるのもひとつの手です。

小学生のお子さんにはジュニサプがおすすめです。中学生、高校生のお子さんにはトータルアップがいいでしょう。

ジュニサプ(JUNISUP)の口コミは!?成分、評判などから効果を辛口評価!

2019年3月22日

トータルアップを内容成分、口コミなどから効果を辛口評価!

2017年2月13日
中学生、高校生アスリート向けサプリ

中学生、高校生でハードに運動している子ども達は、成長分の栄養素が不足しがちです。
小学生アスリート向けサプリ

第二次性徴期がくる前の身体作りとして、小学生アスリート向けに設計された成長サプリメント。
身長サプリメントで迷ったら!

子供の成長のためにサプリメントを検討しているけど、何を選べばいいのか分からない。そんな時に読む記事一覧です。

ABOUTこの記事をかいた人

子育て研究家 サトミ

3人の子供(2男1女)を育てる、アラフォーママです。長男の身長が低かったので、当時は平均身長や背の伸ばし方を調べては試していました。成長サプリメントも取り入れて、今では3人とも平均身長はクリアできています。